(J-03)両国橋の涼み 橋下美人(喜多川歌麿筆)
“Enjoying the Cool on the Ryogoku Bridge” No.1 by Utamaro Kitagawa

Year : 2006
Height : 29cm
Width : 52cm

歌麿は宝暦3年江戸に生れ、最初、絵を狩野派に学び、後に鳥山石燕の門に入り、遂に一流派を創意し、専ら浮世絵に全力を傾倒した。歌麿の錦絵は当時の風俗習慣が見事に描かれ、殊に美人の描写は最も秀れ、世人の賞嘆するところで、当時に於てさえ、彼の名は遠く海外までなりひびいた。 本図は数多い歌麿の作品中、最も代表的な傑作で、別名「橋上美人」の名があり、「橋上美人」と共に余りにも有名である。

This picture (consisting of three parts) is the most representative of his works. In this edition is given the scene under the bridge, and in another edition the scene on the bridge is introduced.
the clearness of colouring, soft and delicate touch, combined with the skill in printing, are Well worth nothing.

 

スライドショーには JavaScript が必要です。