(J-04)勧進大相撲興業の図(歌川豊国筆)
“Japanese Wrestling “SUMO” for Charity” by Ichiyosai Toyokuni

Year : 2006
Height : 35cm
Width : 58cm

この絵は、江戸時代末期における伝統的国技相撲が、いかに人々の興奮をかきたてたかを見事に示すものである。仕切り時間、検査役の位置、場所など現代と異なっているものの、相撲の持つ迫力、力強さという点では今も昔も変わりはない。尚、この絵の題名の「勧進」というのは元来社寺の建立、修理などの資金を集めるために、寄進を勧める意味であったが、次第に営利興業となり、両国橋東詰の回向院の境内で屡々行われるようになった。

This picture, painted in the latter of 19th century, expresses skillfully the character of traditional sport “Sumo”. Ther public works of Sumo-charities on those days were held to collect the funds for constructions and repairs of temples and shrines.
Surely, “Sumo” has been more popular than ever all over Japan.